広島県福山市魚好人一休 忘年会新年会仕出し寿司パーティー会場新鮮魚介どうぞお越し下さい

魚好人一休 の最近のブログ記事

2012年6月15日 (金)

魚好人一休 花園店、一休総本店で

【旬の活鱧、天然小鯛の宴】開催中です!

旬の味を堪能できるのは、今の期間だけ!

御馳走御膳

いち押しの ご馳走御膳 2,500円

旬の味覚をどうぞ召し上がれ!!

2010年10月20日 (水)

秋祭り 10月 神無月

「秋祭り」とは、9月から11月の秋季に行われる祭祀行事の総称である。
現代の秋祭りは主に神社で行われ、五穀豊穣をはじめ大漁追福、商売繁盛、
無病息災などの招福祈願や厄除け祈願をする。
また、これらの成就に感謝をして行われるもの、
年中行事が発展して行われるものなどさまざまな形がある。
それぞれの目的により、開催時期や内容は多種多様で、
地方や地域によっても異なっている。

神社の秋祭りは、五穀・酒・魚介類などの神饌(飲食物)を供えて神事を行い、
その後直会(なおらい※神酒の宴)を開くのが一般的である。

祭礼には、だんじり(氏神の化身)や神輿(神の乗り物)などの山車が奉納され、
町内を練り歩く神幸祭(神の行幸)が行われる。
氏子はそれをもてなす意味で、沿道などでいろいろな催しをする。
また境内では、神事から発展した神楽や田楽などの伝統芸能を奉納する地方もある。
秋祭りは「収穫祭り」ともいわれ、その起源は稲作が始まった
弥生時代のころではないかと考えられている。

農民が五穀(主に米)豊穣を感謝して神に祈る民俗信仰が、
後に収穫祭りの行事へと発展したものであるといわれている。
この行事を飛鳥時代、宮中の年中行事として取り入れたのが「新嘗祭」である。
新歴の11月に新米を神に供えて神恩に感謝する祭祀で、
現在も執り行われている稲作儀礼である。

奈良時代に入り、「八朔の節句」という早稲の収穫を祝う風習が各地に起こった。
氏子たちが初穂を神社に奉納して祝う祭りで、今日の秋祭りの原型だともいわれている。
秋祭りの時期になると、山・海・里の旬の食材も豊富になってくる。

これらを活かして作った伝統料理や、その地方に伝わる郷土料理などを食して、
秋の実りを祝いたいものである。

【和食文化の豆知識】
「てんぷら」について
油の揚げ物の製法は奈良時代に中国から伝わったが、油の生産が少なかったため、
広く普及することはなかった。
鎌倉時代になり、精進料理の揚げ物(精進揚げ)として、調理の技法が確立されていった。
16世紀の中ごろ、ポルトガルから鉄砲とともに伝来した南蛮料理から「てんぷら」の語源が
生まれたようだが、ほかにも諸説ある。
当時、油は貴重な資源であったため、てんぷらは高級品であった。
江戸時代に入り、油の生産が増大したことで、てんぷらは次第に江戸庶民の大衆料理として広まった。
当初は、江戸前の新鮮な魚介類を調理して串に刺し揚げたものを、
庶民の食べ物として「てんぷら屋」という屋台で売っていた。
店舗を構えるようになったのは幕末から明治初頭。大正時代には、
関東大震災で失職したてんぷらの料理人が各地に移り、江戸前のてんぷらを全国に広めた。
今日、世界中の人々に食されている「てんぷら」は、握りずしともども日本料理の定番である。

2009年10月21日 (水)

ホームページからメールでご予約が出来る様になりました。
忘年会用のお料理も数多く取り揃えて、お客様のお越しをお待ちいたしております。

忘年会のご予約はこちらから

2009年8月 5日 (水)

料亭の味をそのまま、ご自宅までお届けします。
会議や商談などに便利なお弁当から、
ご法要、祝い等色々なシーンに対応出来るように致しております。
是非、詳しい内容をこちらのページでご覧下さい。
“宅配宣言”魚好人一休

また、通信販売も始めました。
瀬戸内の町から新鮮な魚介類をお届けします。
お子様の記念日や、祝いの席にピッタリの祝い膳セットもご用意しております。
Uosukibito_matsu
い-001“めで鯛”祝い膳セット…“魚好人(うおすきびと)”バージョン《松》

こちらのページからご注文出来ます。
魚好人一休オンラインショップへ

2009年6月10日 (水)

1日1日ごとに昼間の暑さが増し、初夏の空気が感じられるようになりました。
これから梅雨の時期へと移りますが、魚好人一休では
皆様にお料理でさわやかな気分を味わって頂きたく、6月限定企画として
会席をご用意いたしました。

今回の会席は

Okoze
■ 小鉢物 玉子豆腐 紫芋 空豆 ぷりぷり海老入り
■ 造 り 針魚の姿紫陽花風盛 帆立の貝柱刺 鯛の造り ちょこっと烏賊素麺
■ 酢の物 鱧のたたき 花貝立 カリフラワー 酢味噌 梅肉
■ 揚げ物 瀬戸内の代表小魚 おこぜ唐揚げ レモン ポン酢
■ 煮 物 うなぎ柳川真薯
■ 御飯物 針魚の俵寿司 海老とあっさり茗荷にぎり
■ 汁 物 冬瓜と順菜の赤出し
■ デザート わらび餅モンブラン風

瀬戸内の最高珍味の「おこぜ」は
水揚げ量の少ない高級魚で姿は醜いですが味は絶品です。
歯ごたえの良い白身でフグにも匹敵する味が
瀬戸内の小魚の代表格とされる由縁。
是非この機会にご賞味下さい。


2009年1月17日 (土)

Setubun_2

2月3日は節分です。
節分の日に、その年の縁起の良いとされる「恵方」へ向かって
巻き寿司を1本丸かぶりすると、願いが叶うといわれています。

そこで魚好人一休では、職人が1本1本手作りする、
「新鮮素材ぎっしりの恵方巻き1,500円」と「具だくさん太巻き630円」をご用意します。
お近くの店舗にお電話でご注文下されば、2月3日にお渡し致します。
また配送もやっておりますので、ご希望があれば、お注文の際にお申し付け下さい。

花園店 084-926-2511
蔵王店 084-921-6171
笠岡店 0865-67-1500

詳しくはこちらのページで!

さぁ!みんな一緒に丸かぶりして福を呼び寄せましょう!!

2008年12月31日 (水)

いよいよ今年も終わりですね。今年の紅白はどちらが勝つでしょう?
私は白だと思います。

さて、魚好人一休ですが、年始は1月2日から営業致しております。
2日〜4日の「お正月メニュー」での営業ですので、昼定食はお休みします。
5日から通常営業です。
新年会も随時承っております。ぜひ新たな年の始まりを魚好人一休で
お過ごし下さい。

それでは、皆様良いお年を。

2008年12月25日 (木)

魚好人一休の海鮮おせちの御予約受付中です。
今年は2重、3重のおせちに加えて、
ご贈答にも使えて、少人数で楽しめる「ミニおせち」も販売します!
おせちをご購入でご来店のうえお持ち帰りの方に魚好人一休のお食事券1000円をプレゼント。
お電話にて御連絡下さいませ。

おせちの詳しい内容はこちら